柔軟性とは
ホーム > 柔軟性とは

柔軟性とは

2015年08月20日(木)10:27 AM

今回は体が硬いという方のために柔軟について書きたいと思います!002

まず、柔軟性とか身体が柔らかい、

という言葉はやや曖昧なので、

まずはこれを定義しておきましょう(^o^)/

一般的には「関節がどれだけ大きく動かせるか

を意味することが多いので、今回はこれを

柔軟性の定義として話を進めます!

関節を動かせる最大範囲を、日本語で

「関節可動域」(ROM)といいます。

つまり「柔軟性が高い」=「関節可動域が広い」

ということになります(`・ω・´)

関節可動域を決めるためには筋肉や靭帯、関節包、

皮膚、神経といった組織の伸びやすさが挙げられます。

多くの場合、その制限となるのは筋肉です!

「柔軟性とは筋肉の伸びやすさ」といっても

過言ではありません!!(^^ゞ

この筋肉はゆっくりジワ~っと伸ばしてストレッチを行うことで、

伸びやすく変化します。

そのため、大昔から柔軟体操として

ストレッチが行われています。

そして、スポーツをやっている方にとって関節可動域の広さが求められる「部位」は、

当然ながら競技種目によって異なってきます!

例えば、野球の投手では、肩関節も外旋方向(外にひねる)

と水平外転方向(後ろに引く)に極めて大きく動作させて腕を振ります。

肩関節の外旋、水平外転方向の高い可動域が必要となるため、

投手はこの部位のストレッチをよく行いますo(^▽^)o
TSJ93_dotec20150208111508(ピッチャーの写真が欲しかったのですが、ネットではこんなラブラブな写真しか出てこなかったです。すみません。)

陸上短距離選手の場合なら大きく脚を前にだすために、

股関節の可動域にゆとりがあるほうが

スムーズに脚を振ることができます。

打撃系の格闘技選手では、股関節の屈曲・外転方向の

可動域が高いほどハイキックをスムーズに、楽にだせます!

 

それぞれの競技において必要な「部位別」の柔軟性があり、

その部位の可動域を広げるストレッチを行うわけです(`・∀・´)

次回は柔軟すぎるのもどうかということをお伝えしたいと思います!

 

にしはら接骨院には、千種区、名東区、守山区、東区など名古屋市内にお住まいやお勤めの方以外にも、瀬戸市、尾張旭市、春日井市、日進市など名古屋市外からお越しの患者さんも多く通院されています

通常の治療メニュー以外にも交通事故治療などの情報はこちらの交通事故専門ホームページからどうぞ!

 

交通事故専門ホームページはこちら!



«   |   »

月別記事

サイト内検索

交通事故専門の案内なら交通事故病院 

整骨・接骨・鍼灸院の案内なら整骨ガイド

あなたの街の整体院サロン検索サイト・りらくナビ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。