冷え性の原因はお尻?
ホーム > 冷え性の原因はお尻?

冷え性の原因はお尻?

2015年11月20日(金)7:00 PM

みなさん冷え性ですか?特にどこが冷えますか?

多くの人が悩む冷え性には大きく分けて

「手足の未端型」「下半身型」「内蔵型」

の3タイプありますが、特に悩まされるのが

「下半身型冷え性」ですヽ(;▽;)ノ

下半身型冷え性は腰から下が冷える症状で、

下半身血流が悪くなることで起こります。

その下半身の血流を悪くしている原因がお尻にある

「梨状筋」というインナーマッスル(# ゚Д゚)

梨状筋のすぐ下には足の血流をコントロールする機能を持つ

坐骨神経が走っていて、梨状筋が凝り固まると坐骨神経が

圧迫され、血流が悪化して下半身冷え性になるだけでなくひどい場合は

坐骨神経痛も起こしてしまうのです。梨状筋を固くしてしまう原因は主に

加齢、運動不足、デスクワークなどがあげられます|д゚)

この凝りを解消しないと、下半身の血流は改善されません。

でもお尻ってなかなか自分ではマッサージしにくいですよね|゚Д゚)))

そんな時にオススメなのがテニスボールを使った方法。

ボールは左右の骨部用に2つ用意しましょう!

仰向けに寝て両膝を立て、お尻のしたの痛きもちいポイントに

ボールを置いて体重をかけます。

1箇所30秒程度圧をかけてくださいo(^▽^)o

尚、梨状筋をほぐすと腰痛や坐骨神経痛の

改善にもつながるのでおすすめですよ!!



«   |   »

月別記事

サイト内検索

交通事故専門の案内なら交通事故病院 

整骨・接骨・鍼灸院の案内なら整骨ガイド

あなたの街の整体院サロン検索サイト・りらくナビ