腰やひざよりも股関節
ホーム > 腰やひざよりも股関節

腰やひざよりも股関節

2016年04月01日(金)8:00 PM

日常の動きの中で、よく「腰を入れる」、「腰を回す」

、「ひざを立てる、曲げる」といったいい方をします。

スポーツの世界では、「腰を使う」、「ひざをおくる」

などという表現も用いますヽ(・∀・)ノ

実は、こうした動きはほとんど股関節の動きになるのです!

ひざ関節を曲げ伸ばしする場合、同時に股関節も屈曲・伸展しています。

ひざ関節は大腿骨によって股関節と連動しているので、

股関節が屈曲・伸展せずに、

ひざ関節が屈曲・伸展することはできないのです\(◎o◎)/!

つまり、股関節がうまく動かなければ、ひざはスムーズに動きません。

これは腰に関しても同様です!体の動きのカギは、

股関節が握っているのですo(^▽^)o

試しに、今度「もっと腰を入れなさい」といわれたら、

股関節を意識して動かしてみましょう。

何度か繰り返してるうちに「これだ!」という感覚がきっとつかめるはずです!

そうなればしめたものです!股関節がうまく使えるようになれば、

運動はもちろんのこと、日常でのさまざまな動きも、

よりスムーズになりますよ( ´艸`)



«   |   »

月別記事

サイト内検索

交通事故専門の案内なら交通事故病院 

整骨・接骨・鍼灸院の案内なら整骨ガイド

あなたの街の整体院サロン検索サイト・りらくナビ