肩コリ・首コリ
ホーム > 肩コリ・首コリ

肩コリ・首コリ

2018年09月25日(火)10:42 AM

 

長時間のデスクワークや、現代病とも言われるスマホの使用、ゲームや読書、家事などで背中を丸めたり不良姿勢を保持することで、首や肩などに重いコリを感じたり、頭痛やめまいなどが続く方も見えると思います。

コリは骨折や切り傷などと違い、自覚症状のみとなるため、家庭の中でも、
誰も気付いてくれない慢性的な症状となって悩む主婦の方も多いと思います。

この首・肩コリの大きな原因として

・血行不良→筋肉への栄養(酸素不足)→代謝低下による疲労の蓄積→首コリ

という流れがほとんどと考えられます。

人間の首は重たい頭(約5㎏)を支えてます。悪い姿勢をイメージしてもらえれば分かりやすいと思いますが、
頭が首よりも前に出ていますよね?

本来首の上に頭が乗っている。例えればケンダマのような感じで安定して乗っていることで、

首の骨と筋肉でお互いに支えあって負担も軽減していますが、頭が前に出てしまうことで首の骨だけでは支えきれず首の筋肉が余計に頑張らなくてはいけません。

筋肉が頑張るとは常に筋肉が収縮している(力が入った)状態です。

筋肉の間を血管や神経は通っていくため、
収縮したままでは血管も狭くなりやすく血流が悪くなります。
そうなると先ほどもお伝えした通り、筋肉の栄養不足、疲労の蓄積となり、症状が起こります。

当院では

まずは固まった筋肉を電気や手技、ストレッチなどによってほぐしていきます。

単純なものであればこれだけでも改善されていきますが、強固なものに対しては超音波治療器やIASTMという筋膜へのアプローチできる器具、酸素不足の筋肉に対して酸素オイルケアを行うなどして様々な角度からアプローチしていきます。

また、症状が改善されても繰り返し再発してしまう方に対しては、猫背矯正や骨盤矯正などを中心とした姿勢を整えるためのメニューを提案させていただきます。



«   |   »

月別記事

サイト内検索

あなたの街の整体院サロン検索サイト・りらくナビ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。