五十肩
ホーム > 五十肩

五十肩

2018年09月25日(火)10:55 AM

 

一般的な五十肩とは、肩を動かすと痛い、寝ているときにも痛みが出ることが多く、正式名称は肩関節周囲炎と言います。50歳代を中心に40〜60歳代の方に多くみられる事から五十肩、四十肩と呼びますが、昔に比べて平均寿命が延びてきていますので、ご高齢の方でも五十肩になることがあります 。

 

まず肩の関節は、体の中で一番大きく動かせる関節です。そのため、動きを制限しにくいように、筋肉や関節包といった軟部組織で支えられています。五十肩とは、これら組織が老化や使い過ぎなど様々な原因で炎症を起こし、肩関節の筋肉が癒着したり、関節包が小さくなった結果、肩関節の痛みや動きの制限が生じている状態です。

主な症状として肩関節周囲の強い痛みや、可動域の制限が現れることがあり、放置しておくことで肩の動きが更に制限されて、服に袖を通せない、頭に手が届けかないなどの日常生活動作への支障が生じることが多くなります。このように五十肩が進行すると肩関節の拘縮や凍結肩といわれる状態になります。

当院では

肩関節周囲の損傷箇所を問診や触診、徒手検査で確定させていきます。
その中で、五十肩に類似した疾患との鑑別し、治療プランを決めていきます。
類似疾患
・腱板損傷  ・石灰沈着性腱板炎

肩関節周囲炎とはいうものの、炎症が起こってしまった原因は肩ではない可能性もよくあります。肩だけではなく、筋膜や骨盤など、アプローチを変えていくことで徐々にカラダを改善させていきます
毎回同じ治療を受けてカラダが変わることはありません。
様々なアプローチを受けることが大事と思います。



«   |   »

月別記事

サイト内検索

交通事故専門の案内なら交通事故病院 

整骨・接骨・鍼灸院の案内なら整骨ガイド

あなたの街の整体院サロン検索サイト・りらくナビ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。