腰痛は背骨の「ゆがみ」で起こります
ホーム > 腰痛は背骨の「ゆがみ」で起こります

腰痛は背骨の「ゆがみ」で起こります

2018年11月23日(金)11:11 AM

ゆがみのチェックポイント

心あたりのある方は検査と治療をお勧めします!

□ 最近、人から「背中が曲がってるよ」と言われた

□ 気が付くと荷物をいつも同じ手で持っている

□ 足を組むクセがある

□ お仕事などで長時間同じ姿勢でいる

□ 床の上に横座りすることが多い(しかもいつも同じ方向に足を出している)

□ かがんで物をとるのが大変だ

□ 夜痛みで起きてしまいゆっくり寝られない

□ 朝起きて、動き始める時に痛みが強い

□ 今までどんな治療をしても改善しなかった

□ 子供、孫をよく抱っこする方

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

ゆがみの癖がついてしまうと、

自分で治すことは難しくなります(´・ω・`)

私たち治療師は、患者様から

「私のカラダゆがんでいませんか?」

「ゆがんだままにしておくと、どうなるのですか?」

という質問をうけることがあります。

今回のブログではゆがみについてお話します!

日常生活で左右どちらかを極端に使うクセや同じ動作の繰り返し、

長時間同じ姿

勢を続けることなどにより、カラダはゆがみ始めます。

それでは、背骨がゆがんだままにしておくと、どうなってしまうのでしょうか?

背骨がゆがむと、

周りの筋肉が引っ張られて縮んでしまいます/(-_-)\

筋肉が縮むと、筋肉の内部の血行が悪くなって固まってしまいます。

筋肉が縮んで固まることで、筋肉がまた背骨を引っ張ってゆがめてしまうのです…

こうしてゆがみが悪化してゆきますヽ(;▽;)ノ

ほとんどの人は、少々背骨がゆがんだくらいでは、何の不調も感じません。

しかしその人の筋

肉で支えられない程のゆがみが生じてしまうと、

痛みや筋肉の張り感(コリ)、しびれといった症状が現れます(;_;)

さらに悪化すると、ぎっくり腰・ヘルニア・寝違え・頭痛などの症状も現れることがあります

痛みが現れると、カラダは痛むところを守るために、

無意識に他の筋肉でかばうようになります|д゚)

このため他の筋肉に負担がかかってしまい、どんどん痛みが広がってしまうのです!

なにかありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

一緒にカラダの不調を治していきましょう!!!



«   |   »

月別記事

サイト内検索

あなたの街の整体院サロン検索サイト・りらくナビ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。